【PCスペック】GatiImo(がち芋)のゲーミング環境まとめ【デバイス】

EAゲームチェンジャーで、「Battlefield」シリーズや「ApexLegends」などのゲーム実況が人気のGatiImo(がち芋)さん。

今回はがち芋さんのゲーミング環境が気になる方のために、YouTube動画を参考にPC環境や周辺機器の情報をまとめましたので、ぜひ参考にご覧ください!

目次

GatiImo(がち芋)さんのゲーミングPCスペック

LEVEL∞提供 RTX 2080Ti 搭載 Core i9-9900K

OSWindows 10 Pro 64ビット
CPU(プロセッサー)Intel Core i9-9900K(8コア / 3.60GHz)
GPU(グラフィックボード)GeForce RTX 2080 Ti(11GB GDDR6)
RAM(メモリ)32GB(16GB×2)
SSD1TB
HDD3TB
価格税込 約340,000円
YouTube「がち芋の部屋紹介」動画より

どれくらいの性能なの?

上記で紹介した動画内でがち芋さんが言っていますが、「ゲームするにも動画編集するにも余力のあるスペック」。
つまり結構なハイスペックなので、ほとんどのゲームは60fps以上で快適に遊べますし、重くないゲームであればグラフィック設定:中以上でも144fps以上の安定は余裕、動画編集やゲーム配信も全く問題ない性能です。

がち芋PCと同等スペックのおすすめゲーミングPC

LEVEL-R059-LC119K-TAX
第11世代インテル Core i9とGeForce RTX 3070搭載ミドルタワーゲーミングPC

OSWindows 10 Pro 64ビット
CPU(プロセッサー)Intel Core i9-11900K(8コア / 3.50GHz)
GPU(グラフィックボード)GeForce RTX 3070(8GB GDDR6)
RAM(メモリ)16GB(8GB×2)
32GB〜カスタム可能
SSD1TB
価格税込 263,978円〜

・ベンチマークで3D描画性能がRTX2080Tiとほぼ同等(若干劣る)のRTX3070を搭載!
・約15,000円でメモリ16GB→32GBヘカスタム可能!
 Live3DやLive2DでVtuber活動をするなら32GB欲しいが、ゲームや配信をするだけなら16GBで十分かと。
・HDD/SSDも追加カスタム可能!

バトルフィールド2042発売に伴い、がち芋さんも「BF2042を最高画質とまではいかないけど、安定したフレームレートが出るようにパソコンを新調しようと思う」と発言されているので、BF2042をヌルヌルの高画質で楽しみたい方は、上記より高スペックなPCを購入するのがいいと思います。
※記事執筆時点ではBF2042のシステム要件が未発表

がち芋PCと同等以上のおすすめ高スペックゲーミングPC

LEVEL-R0X6-R58X-XAX
AMD Ryzen 7とGeForce RTX 3090搭載ミドルタワーゲーミングPC

OSWindows 10 Pro 64ビット
CPU(プロセッサー)AMD Ryzen 7 5800X(8コア / 3.80GHz)
GPU(グラフィックボード)GeForce RTX 3090(24GB GDDR6X)
RAM(メモリ)16GB(8GB×2)
32GB〜カスタム可能
SSD500GB
HDD/SSDの追加カスタム可能
価格税込 433,378円〜 400,378円〜
21年7月20日(火)14時までセール中!

・最上位となるGeForce RTX 3090搭載!高額なだけあり申し分ないスペック
・こちらもBTO(受注生産)パソコンなので、メモリやSSD/HDDのカスタムが可能!
7/20(火) 14:00までセール特価でお買い得!

LEVEL-G059-LCiX8K-XAX-U
第10世代インテル Core i9とGeForce RTX 3090搭載フルタワーゲーミングPC

OSWindows 10 Pro 64ビット
CPU(プロセッサー)Intel Core i9-10850K(10コア / 3.60GHz)
GPU(グラフィックボード)GeForce RTX 3090(24GB GDDR6X)
RAM(メモリ)32GB(16GB×2)
カスタム可能
SSD1TB
HDD/SSDの追加カスタム可能
価格税込 432,278円〜
21年7月20日(火)14時までの限定特価モデル

・最上位となるGeForce RTX 3090搭載!高額なだけあり申し分ないスペック
・こちらもBTO(受注生産)パソコンなので、メモリやSSD/HDDのカスタムが可能!
7/20(火) 14:00までの限定特価モデルなのでお買い得!

GatiImo(がち芋)さん使用のデバイス・周辺機器一覧

マウスクーガー MINOS X3
コスパ重視・コンパクトで手首エイムしやすい・DPI設定が不要
マウスパッドスティールシリーズ QCK HEAVY Largeサイズ
パッドに厚みがあった方が安定、450mm×400mm×6mm
キーボードロジクール G PRO X テンキーレス ゲーミングキーボード
コンパクトでおすすめ
ヘッドセットロジクール G635 7.1chサラウンド ゲーミングヘッドセット
7.1chの世界はなかなかのもの
マイクブルー コンデンサーマイク
マイクはBlueを愛用
オーディオインターフェースローランド UA-55 クアッドキャプチャー
配信デビューから使用
スピーカーロジクール Z323 2.1ch スピーカーシステム
ウーファー付きでコスパ良し
キャプチャーボードエルガト 4K60 Pro MK.2
4K60pでのキャプチャーが可能。厳密にはまだ使用していない

マウス:Cougar MINOS X3 ゲーミングマウス

動画内でがち芋さんは「中高生でも手が出しやすい価格感でデバイス選びをしている」というように発言されていますが、「MINOS X3ゲーミングマウス」は2016年のモデルで在庫僅少のためか、Amazon以外ではプレミア価格になっています。
※Amazonでも通常価格での出品は在庫少ないためご注意ください。

ユサカタ

がち芋さんもロジクールマウスをいくつか試すなかでクーガーMINOS X3に落ち着いたようです。ぶっちゃけデバイスは好みだと思うので、ぜひいろいろなゲーミングマウスを試してみるといいですよ!

マウスパッド:SteelSeries QCK HEAVY Largeサイズ 63008

キーボード:Logicool G PRO X テンキーレス ゲーミングキーボード

ヘッドセット:Logicool G635 7.1ch ゲーミングヘッドセット
※アジア太平洋地域では別型番の「G633s」

買うならAmazonが安いです!

マイク:Blue コンデンサーマイク(通称:にんじん)

ユサカタ

がちさんが使用している「にんじんマイク」は廃盤商品のため、今回はBlueのストリーミングセットをご紹介しました。
がちさんも「次(マイクを)買うときはブルーの別のやつを」と言っていますので、がちさんファンはBlueマイクでデビューするのがいいでしょう。

オーディオインターフェース:Roland QUAD-CAPTURE UA-55

こちらも古い商品のため新品は結構高いです。

スピーカー:Logicool Z323 2.1ch スピーカーシステム

キャプチャーボード:Elgato PCIeキャプチャーボード 4K60 Pro MK.2

「Elgato 4K60 Pro MK.2」はPCIe(ピーシーアイイー)接続が必要なキャプチャーボードです。拡張スロットを使用し、グラフィックボードに接続します。USB接続式ではないため、自分のPCに接続できるか確認の上で購入しましょう。

Elgato 4K60 Pro クイックスタートガイドを見る

USB接続式キャプチャーボード「Elgato 4K60 S+」

がちさんはPCIe接続のキャプチャーボードを使用していますが、USB接続方式がいい方は「Elgato 4K60 S+」にしましょう。
4K60pのキャプチャが不要であれば、「Elgato HD60S」などの選択肢もありえますので、用途に合わせて選ぶといいでしょう。

Elgato公式ホームページ

以上、GatiImo(がち芋)さんのPC環境&周辺機器まとめでした!
ぜひ参考にゲーム環境を整えてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

九州地方に生息しています。いろんな仕事をしてみたくて転職を重ね、ついには転職難民となったこびとです。少しでも快適に楽しく過ごせるよう、こびとの体験を共有していきます。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次
閉じる