広告:このページの商品リンクは、アフィリエイトリンクを含んでいます

新型PS5(Slim)登場!メリットを徹底解説~これであなたもPS5マスター

当ページのリンクには広告が含まれています。
gaming

次世代ゲーム機、PlayStation 5(PS5)が発売されてからしばらく経ちましたが、ついに新型PS5(Slim)が登場しました。新しいデザインや機能が話題になっていますが、一体どんなメリットがあるのでしょうか?この記事では新型PS5の特徴や、旧型とのスペック比較、新型PS5がおすすめスペックの人の条件など、新型PS5(Slim)について詳しく解説していきます。新型PS5が気になっている方は必見です!

目次

1. 新型PS5(Slim)の特徴

Playstation

新型PS5(Slim)は、現行の旧型モデルと比べていくつかの特徴があります。以下にその特徴をご紹介します。

1.1 小型化と軽量化

新型PS5(Slim)は、サイズがより小さくなり、重量も軽くなりました。具体的な寸法は358×96×216mmで、約3.2 kgです。これにより、設置場所の制約が少なくなり、持ち運びも便利になります。

1.2 SSDの増量

新型PS5(Slim)では、内蔵のストレージ容量が増えました。旧型モデルの825GBから1TBに増加し、より多くのゲームやデータを保存することができます。

1.3 ディスクドライブの交換可能性

新型PS5(Slim)には、ディスクドライブが交換可能になりました。従来のモデルではディスクドライブが故障した場合、本体を修理に出す必要がありましたが、新型では専用のUHD BDドライブを購入して簡単に交換できます。また、デジタルエディションでは、後からディスクドライブを取り付けることも可能です。

1.4 サイズ比較

新型PS5(Slim)は、旧型モデルに比べてサイズが小さくなっています。具体的な比較では、高さが少し低くなり、横幅も大幅に縮小されています。

以上が、新型PS5(Slim)の特徴の一部です。これらの特徴を考慮して、自身のニーズに合ったモデルを選ぶことが重要です。

2. 新型PS5と旧型PS5のスペック比較

PS5

新型PS5と旧型PS5のスペックを比較してみましょう。以下に新型PS5と旧型PS5のスペックをまとめた表を示します。

価格

  • 新型PS5: 66,980円(税込)
  • 旧型PS5: 60,478円(税込)

外形寸法(最大突起部除く)

  • 新型PS5: 約358mm×96mm×216mm(幅×高さ×奥行)
  • 旧型PS5: 約390 × 104 × 260 mm(幅×高さ×奥行)

質量

  • 新型PS5: 約3.2 kg
  • 旧型PS5: 約4.5 kg

CPU

新型PS5と旧型PS5のCPUは共通で、x86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2” 8コア / 16 スレッド 周波数:最大 3.5GHz まで可変です。

GPU

新型PS5と旧型PS5のGPUは共通で、AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine レイトレーシング アクセラレーション 周波数:最大 2.23GHz まで可変 (10.3 TFLOPS)です。

システムメモリ

新型PS5と旧型PS5のシステムメモリは共通で、GDDR6 16GB バンド幅:448GB/sです。

SSD

  • 新型PS5: SSD容量1TB、読み込み速度5.5GB/s Read Bandwidth (Raw)
  • 旧型PS5: SSD容量825GB、読み込み速度5.5GB/s Read Bandwidth (Raw)

PS5ゲームディスク

  • 新型PS5: Ultra HD Blu-ray™(各ディスク最大容量100GB)がデジタルエディションに取り付け可能
  • 旧型PS5: 取り付け不可

BD/DVDドライブ

新型PS5と旧型PS5は共にディスクドライブを搭載しています。

映像出力

新型PS5と旧型PS5は4K 120Hz TV、8K TV、VRR対応であり、HDMI ver.2.1で指定されています。

オーディオ

新型PS5と旧型PS5は共に“Tempest” 3D オーディオ技術を採用しています。

入出力(前面)

  • 新型PS5: USB Type-C® 端子(SuperSpeed USB 10Gbps)とUSB Type-C® 端子(Hi-Speed USB)を搭載
  • 旧型PS5: USB Type-C® 端子(Super-Speed USB 10Gbps)とUSB Type-A 端子(Hi-Speed USB)を搭載

入出力(背面)

新型PS5と旧型PS5は共にUSB Type-A 端子(Super-Speed USB 10Gbps)x2を搭載

通信

新型PS5と旧型PS5は共にEthernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)とWi-fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax)をサポートしています。

縦置き・横置き

  • 新型PS5: 横置きは本体同梱のスタンドで可能であり、縦置きには別売りのスタンドが必要
  • 旧型PS5: 横置きと縦置きが本体同梱のスタンドで可能

本体カバー

  • 新型PS5: 本体カバーは4パーツ構成で、新型カバーも今後発売予定
  • 旧型PS5: 本体カバーは2パーツ構成

新型PS5と旧型PS5のスペックを比較すると、大きな違いは外形寸法、質量、SSD容量、デジタルエディションへのディスクドライブの取り付け可否などです。一方でCPU、GPU、システムメモリなどの性能においては変わりありません。

新型PS5は細く軽量化されており、SSD容量も増加しています。また、デジタルエディションへは後からディスクドライブを取り付けることが可能となっています。しかし、価格に関しては新型PS5の方が旧型PS5よりも高額です。そのため、性能に変わりがない点を考慮すると、現行の旧型PS5を購入する方がコストパフォーマンスが良いと言えます。

以上が新型PS5と旧型PS5のスペック比較です。

3. 新型PS5のメリット

gaming

新型PS5には、以下のような魅力があります。

サイズと重量の軽量化

新型PS5は、従来のPS5に比べて30%以上小さく、18〜24%軽量になりました。そのため、よりコンパクトなサイズで設置できるだけでなく、持ち運びも便利です。

内蔵ストレージの増量

新型PS5では、内蔵ストレージが旧型の825GBから1TBに増えました。これにより、ゲームやデータを多く保存できるため、プレイに余裕を持てます。

ディスクドライブの交換可能

新型PS5では、ディスクドライブの交換が可能になりました。従来、ディスクドライブが故障した場合は本体を修理に出さなければなりませんでしたが、新型では専用のUHD BDドライブを購入して簡単に交換できます。そして、デジタルエディションでも後からディスクドライブを取り付けることができます。

その他の改良点

新型PS5には、さまざまな改良点もあります。小型化により、消費電力や発熱が低くなり、プレイ中の静音性が向上しました。また、カバーが4つのパーツに分かれ、スタンドも横置き専用になったため、設置時の安定感も高まっています。さらに、前面のUSBポートが2つともType-Cになり、高速のデータ転送が可能となっています。

これらの魅力を考慮すると、新型PS5はパフォーマンスの高いゲーム体験を提供するだけでなく、利便性や拡張性においても優れた選択肢となります。もしすでにPS5をお持ちの方でも、アップグレードすることに価値があると言えるでしょう。

4. 価格に関する考察

gaming

新型PS5の発売に伴い、価格が上昇していることは明らかです。しかし、その価格上昇にはいくつかの要因が関与しています。以下では、価格に関する考察を行います。

4.1 日本における円安の影響

新型PS5の価格上昇の主な要因の一つは、日本の円安傾向です。近年の円・ドルレートの上昇により、PS5の価格も上昇しています。特に日本国内で調達と生産が完了する製品はほとんどないため、海外の企業が日本向けに製品を販売する際には、円安の影響を受けて価格が高くなってしまいます。

4.2 半導体製造技術の事情

また、PS5の価格上昇には、半導体製造技術の事情も関与しています。半導体の製造には設計・製造ライン構築に関するリスクが伴い、最新技術で新しい半導体を作る場合、出荷コストが高めに設定される傾向があります。そのため、最新技術で製造されたPS5の製品販売価格は上昇しているのです。

4.3 新型PS5のバリューアップ戦略

新型PS5の価格が上がった一方で、性能には変化がないことも考慮しなければなりません。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、価格を下げずに容量アップと小型化を選択し、バリューアップ戦略を展開しています。この戦略により、PS5の性能を維持しつつ、軽量化やストレージ容量の増加などの改良を行っています。

4.4 コスパの観点から考える

以上の要因を踏まえると、新型PS5の価格上昇がユーザーにとってメリットがあるのかは疑問です。特に、値上がりした分のスペックアップがないため、旧型PS5の方がコスパ(コストパフォーマンス)が高いと言えます。既に旧型PS5を持っている場合や、新型PS5のバリューアップ点に興味がない場合は、買い替える必要はありません。

4.5 継続的な価格変動に注意

最後に、PS5の価格については継続的な変動が予想されます。半導体市場の動向や為替レートの変動など、さまざまな要因が価格に影響を与える可能性があります。そのため、PS5の価格を注視しながら、適切なタイミングでの購入を検討することが重要です。

以上が、新型PS5の価格に関する考察です。ユーザーは自身のニーズや予算を考慮しながら、最適なPS5の選択を行うことが求められます。

5. 購入をおすすめする人の条件

gaming

新型PS5を購入することをおすすめする人の条件は以下の通りです。

1. まだPS5を持っていない人

PS5をまだ持っていない方は、新型PS5の購入を検討する価値があります。新型は値上げされていますが、その分の価値があると考えられます。また、新しいモデルであることから、保証期間も長くなり、故障した場合のサポートも期待できます。

2. 新しい機能や改善点に興味がある人

新型PS5には、旧型モデルにはなかった機能や細かな改善点があります。例えば、SSDの増強やディスクドライブの着脱可能などです。これらの新機能や改善点に興味がある方には、新型をおすすめします。

3. 将来的な買い替え時期を考えている人

旧型PS5を持っていて、将来的に買い替えを考えている方にとっても、新型PS5の購入はおすすめです。旧型が壊れる前に新しいモデルに買い替えることで、より長く利用できる可能性があります。

4. 高い買取価格を期待する人

新型PS5は価格が上がっていますが、その分買取価格も高くなる可能性があります。旧型との価格差を売るときに埋めることができるため、新型を購入することで買取時の損失を抑えることができます。

以上の条件を満たす方には、新型PS5の購入をおすすめします。しかし、新旧モデルのスペックに大きな違いはないため、旧型を持っている方や新機能に特に興味がない方にとっては、旧型PS5の購入も良い選択肢となるでしょう。自身のニーズや予算に合わせて、購入を検討してください。

まとめ

新型PS5のメリットを考慮すると、コンパクトで持ち運びが便利なサイズと軽量化、増えた内蔵ストレージ、ディスクドライブの交換可能性などがあります。さらに、消費電力や発熱が低下し、設置時の安定感も向上しています。また、高速のデータ転送が可能なUSBポートの改善や、3Dオーディオ技術の採用なども魅力です。新型PS5はパフォーマンスと利便性の両面で優れた選択肢であり、アップグレードする価値があると言えます。ただし、性能に変わりがない点や価格の上昇を考慮すると、旧型PS5を持っている方や新機能に興味がない方にとっては、旧型PS5の購入も良い選択肢です。自身のニーズや予算に合わせて、最適なPS5を選ぶことが重要です。

よくある質問

Q1. 新型PS5(Slim)と旧型PS5の価格にはどのような違いがありますか?

新型PS5(Slim)の価格は66,980円(税込)であり、旧型PS5の価格は60,478円(税込)です。

Q2. 新型PS5の特徴は何ですか?

新型PS5の特徴は以下の通りです。
1. 小型化と軽量化
2. SSDの増量
3. ディスクドライブの交換可能性
4. サイズの縮小

Q3. 新型PS5の購入をおすすめする人の条件はありますか?

以下の条件を満たす方には、新型PS5の購入をおすすめします。
1. まだPS5を持っていない人
2. 新しい機能や改善点に興味がある人
3. 将来的な買い替え時期を考えている人
4. 高い買取価格を期待する人

Q4. 新型PS5の価格が上がった理由は何ですか?

新型PS5の価格が上がった理由は、以下の要因が関与しています。
1. 日本における円安の影響
2. 半導体製造技術の事情
3. 新型PS5のバリューアップ戦略

以上が、新型PS5に関するよくある質問とその簡潔な回答です。

シェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次