広告:このページの商品リンクは、アフィリエイトリンクを含んでいます

VTuber業界で成功する!必要なスキルと専門学校選びの極意

当ページのリンクには広告が含まれています。
青空

VTuber業界は近年、急速に成長しており、多くの人々がこの魅力的な職業に関心を寄せています。しかし、成功したVTuberになるには、単にキャラクターを演じるだけでは不十分です。キャラクターデザイン、モデリング、トークスキル、発声スキル、さらには動画編集まで、様々なスキルが必要とされるのです。では、これらのスキルをどのように習得すれば良いのでしょうか?

専門学校は、VTuberを目指す人々にとって理想的な学習場所となる可能性があります。このブログでは、VTuberに必要なスキルと専門学校選びの重要性に焦点を当てます。これらのスキルを身につけることで、あなたもVTuber業界での成功への大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

目次

1. VTuberとは何か?

Virtual reality

VTuber(バーチャルユーチューバー)とは、2Dまたは3DCGで描かれたキャラクターを使用して動画を配信する職業です。彼らはYouTubeなどの動画サイトで活動し、さまざまなコンテンツを提供しています。彼らの活動は以下のようなものです:

  1. 動画投稿:
    VTuberは定期的に動画を投稿し、様々なテーマで情報やエンターテイメントコンテンツを提供しています。
  2. ライブ配信:
    VTuberはライブ配信を行い、視聴者とのリアルタイムな交流を楽しんでいます。視聴者からのコメントや対話を通じて、コミュニティを築いています。
  3. ゲーム実況:
    VTuberは自分がプレイするゲームについての実況動画を配信しています。彼らの独自のコメントやリアクションが人気を集めています。
  4. パフォーマンス:
    VTuberはダンスや歌、トークショーなど、パフォーマンスを行うこともあります。彼らのキャラクターが生き生きと動くことで、視聴者を楽しませています。

VTuberは広告収入や投げ銭などの収益化手段を通じて収入を得ますが、最近では企業や自治体からの仕事依頼も増えてきています。

VTuberを魅力的なものにする要素の一つは、自分のスキルや趣味を活かして働くことができる点です。彼らは自分の専門分野や得意なことに特化し、動画制作や配信を行っています。

さらに、VTuberとしての活動を続けることで、ファンを獲得することも可能です。自分の動画や配信を楽しみにしてくれるファンとの交流や応援を受けながら活動することに、VTuberたちはやりがいを感じています。

VTuberの需要は今後も高まり続けており、企業や自治体からの注目も高まっています。彼らは自分の好きなことを仕事にすることができ、幅広い活動の場が広がっています。

2. VTuberに求められるスキル

青空

VTuberになるためには、様々なスキルが必要です。以下に、VTuberに必要なスキルを詳しくご紹介します。

VTuberに必要なスキル①:キャラクターデザインスキル

VTuber活動を行うためには、魅力的なキャラクターが必要です。自分自身でキャラクターデザインスキルを身につけることで、自分のイメージを表現することができます。また、プロに依頼する際にも、自分のアバターのイメージを伝えることができます。

キャラクターデザインスキルがない場合は、SKIMAやnizimaなどの販売サイトで、自分のイメージにぴったりのキャラクターを探し続けるしかありません。

VTuberに必要なスキル②:モデリングスキル

VTuberのアバターは、2Dまたは3Dモデルで表現されます。自分自身でモデルを作成するためには、モデリングスキルが必要です。モデリングスキルを持つことで、アバターの造形や細かな調整が可能になります。

キャラクターデザインスキル同様に、自身でスキルを身につけない場合は有償依頼をするしかなくなります。特に時間を多く使える学生時代にこのモデリングスキルを身につけておけば、ちょっとした修正に対応できるようにもなるので勉強してみるのもありです。

VTuberに必要なスキル③:トークスキル

VTuberとしての活動にはトークスキルが欠かせません。魅力的な話術や声のトーン、コメントへの対応など、トークスキルは視聴者の興味を引くために重要です。トークスキルはコミュニケーションスキルです。人と会話をすることに苦手意識がある方は、VTuberとしてデビューしたとしても楽しい会話はできません。

現在学生の方はVTuberになるトレーニングだと思って、日頃からいろいろな人とコミュニケーションをとるように心がけるといいでしょう。また、趣味や遊びなどさまざまなことを経験して、自分が「好きなこと」や「嫌いなこと」をどんどん知っていき、多種多様な話のエピソードを蓄積していきましょう。

VTuberに必要なスキル④:発声スキル

VTuberの声は、キャラクターを一層魅力的にする要素の一つです。聞きやすく伝わりやすい声で話すことが求められます。発声スキルを磨くことで、視聴者により一層の魅力を伝えることができます。

滑舌が悪いというのもひとつの個性になり得ますが、聞き取れることが大前提です。エンターテイメントを届ける側の使命として、聴きやすく伝わりやすい声で話すということを心がけてみるといいでしょう。

VTuberに必要なスキル⑤:演技力

VTuberはキャラクターになりきることが求められます。キャラクターの個性を的確に表現し、視聴者に共感や感情移入を起こさせるためには、演技力が必要です。演技力を持つことで、キャラクターをより深く魅力的に演じることができます。

特にキャラクターの時代設定には敏感になったほうがいいと思います。古の魔法使いなのに、知らないはずの現代の電子機器に異様に詳しい場合は、なぜ詳しいのかの理由が必要ですよね。演技は設定ありきだと思いますので、より本格的にキャラクターになりきるなら、しっかりと設定まで詰めましょう。

VTuberに必要なスキル⑥:企画力

面白い企画や魅力的なコンテンツを考える力は、VTuberにとって重要なスキルです。視聴者を楽しませるためには、オリジナリティのある企画を展開する必要があります。クリエイティブな発想力や計画力を養うことで、人気のあるVTuberになることができます。

歴戦のVTuberの企画の中で、どのような企画がバズりやすいのか?なぜこの企画で視聴者が喜んだのか?なぜこの企画の方が再生回数が多いのか?など、普段の動画視聴の中でクリエイター目線を持つといいかもしれません。

VTuberに必要なスキル⑦:PC操作スキル

VTuberの活動には、パソコンを操作する能力が必要です。配信や動画編集などの作業には、PC操作スキルが必須です。基本的な操作スキルを身につけることで、スムーズに活動することができます。

知らないことを知らないで済ませていると、VTuberになったあとも知らないことがたくさん出てくるので大変です。PCに詳しくないなら、まずは「どれくらいのスペックのPCなら、VとPCゲームを同時に動かしながら配信できるんだろう?」ということから調べてみるのもありです。当サイトユサカタドットコムではそのような記事も作成しているので、ぜひ探してみてください。(あえて関連記事のリンクは貼りません!)

VTuberに必要なスキル⑧:動画編集スキル

配信や動画編集は、VTuberにとって重要な要素です。動画の編集によって、映像の演出や編集テクニックを駆使して魅力的なコンテンツを作り出すことができます。自身で動画を編集するためにも、動画編集スキルを身につけることは有益です。

特に学生時代であれば、画像・動画編集でよく使用されるAdobe製品を学割で安く買うことができます。普段ゲームで遊んでいるなら、動画素材が面白くなくてもいいのでとにかく編集してみて、どうすれば面白くなるか?どうすれば見やすくなるか?どうすればいい動画になるか?経験を積むのもありです。

以上が、VTuberに求められる主なスキルです。これらのスキルを習得し、独自の魅力を持ったVTuberとして活動することができれば、多くの視聴者を惹きつけることができるでしょう。

3. VTuberになるための専門学校の選び方

education

VTuberを目指すためには、専門学校への進学が一つの選択肢となります。ここでは、VTuberになるための専門学校を選ぶ際に考慮すべきポイントをご紹介します。

3.1. 学びたいスキルに合わせて選ぶ

VTuberの活動には、キャラクターデザインスキル、モデリングスキル、トークスキル、発声スキル、演技力、企画力、PC操作スキル、動画編集スキルなど、様々なスキルが必要です。自分が学びたいスキルに合わせて専門学校を選ぶことが重要です。

例えば、動画編集が中心のスキルを学びたい場合は「クリエイター専門学校」、キャラクターデザインを中心に学びたい場合は「デザイン専門学校」、声の演技を中心に学びたい場合は「声優専門学校」といった具体的な選択ができます。自分が何を学びたいのか、学校で何を学べるのかをしっかりと理解して、自身の目的に合った学校を選ぶことが大切です。

3.2. カリキュラム内容を比較検討する

VTuberの専門学校には様々なカリキュラムが存在します。通学年数や授業内容など、各校には大きな差があります。自分の学びたい内容や目的に合わせて、カリキュラムを比較検討してみることをおすすめします。

資料請求やオープンキャンパスに参加することで、詳しい情報を得ることができます。無料で資料請求ができたり、オープンキャンパスでは実際の授業を体験することもできますので、ぜひ活用してみてください。

3.3. 学校の評判や実績を調べる

VTuberの専門学校の中には、声優などのエンターテイメント業界で多くの人材を輩出している学校もあります。学校の評判や実績を調べることで、その学校の信頼性や教育の質を把握することができます。

ネットやSNSなどで学校の口コミを調べることも一つの方法です。また、学校の公式ウェブサイトやパンフレットには卒業生の活躍実績が掲載されていることもありますので、参考にしてみてください。

3.4. 費用や通学の利便性を考慮する

専門学校には学費がかかりますので、自身の予算に合わせて選ぶことも大切です。また、通学の利便性も考慮する必要があります。自宅から通いやすい場所にある学校や、遠方にある学校に通う際の生活費や宿泊費なども忘れずに確認しましょう。

3.5. オーディションや就職支援などのサポート体制を確認する

VTuberになるためには、オーディションや就職活動も重要な要素となります。学校のサポート体制が整っているかどうかも確認しておきましょう。オーディションに向けての指導やエントリー枠の優遇などのサポートがあると、チャンスの機会が広がります。

また、学校が業界との良好なつながりを持っている場合は、就職活動の際にも有利に働くことがあります。学校の公式ウェブサイトや資料には就職実績やサポート内容が掲載されていることがありますので、確認してみてください。

以上が、VTuberになるための専門学校選びのポイントです。自身の学びたいスキルや目的に合わせて、慎重に選ぶことが大切です。資料請求やオープンキャンパスに参加して、自身にぴったりの学校を見つけてください。

4. 代々木アニメーション学院について

Anime

代々木アニメーション学院は、日本初のプロの声優を育成する専門の学校として40年以上にわたりアニメ業界とともに歩んできました。その実績のある学校が、2024年4月に開校したVtuber科を通じて、Vtuberにとって最適な教育環境を提供しています。

学校の特徴

代々木アニメーション学院のVTuber科は、以下の3つの特徴を持っています。

  1. ANYCOLOR株式会社とのカリキュラム監修協力:
    代々木アニメーション学院のVTuber科は、人気Vtuberグループ「にじさんじ」を運営するANYCOLOR株式会社とのカリキュラム監修協力を行っています。これにより、最新のVtuber活動のトレンドや技術を学ぶことができます。

  2. VTuberプロジェクトへの参画:
    代々木アニメーション学院のVTuber科では、実際のVTuberプロジェクトに参画する機会を提供しています。学生は実践的な経験を積みながら、VTuberとしてのスキルを高めることができます。

  3. 長い歴史と実績を活かした教育:
    代々木アニメーション学院は40年以上の歴史を持つ学校であり、アニメ業界との繋がりや実績を活かした教育を行っています。声優やアニメーターを育成するためのノウハウや専門知識を十分に備えているため、VTuberとしての活動に必要なスキルを総合的かつ専門的に学ぶことができます。

学科とカリキュラム

代々木アニメーション学院のVTuber科では、以下の学科とカリキュラムが用意されています。

学科:

  • VTuber科(2年間)

設置校

  • 東京校
  • 池袋校
  • 大阪校(遠隔指導)
  • 名古屋校(遠隔指導)

カリキュラム内容(一部抜粋):

  • トークスキル
  • 企画/分析
  • サムネイル制作
  • 歌唱力
  • キャラクターボイス
  • ゲーム実況
  • SNS活用術
  • 自己プロデュース
  • 業界との繋がり

これらのカリキュラムにより、VTuberとして活躍するために必要な技術や知識を習得することができます。

設備と学費

代々木アニメーション学院は、設備や機材も充実していることが特徴です。最新のVR機器やモーションキャプチャーシステムを備えており、実践的な学びをサポートしています。

学費は『YOANI 2024 募集要項』から確認できます。

1年次入学金200,000円
年間授業料913,000円
施設設備費396,000円
教育充実費77,000円
1年次合計学費1,586,000円
2年次年間授業料847,000円
施設設備費396,000円
教育充実費77,000円
2年次合計学費1,320,000円
3年次(高等部)年間授業料423,500円
施設設備費198,000円
教育充実費77,000円
3年次合計学費698,500円
【声優・エンターテイナー学部】【Wスクール・社会人夜間学部 声優タレント科】

まとめ

代々木アニメーション学院のVTuber科は、40年以上の歴史と実績を持つ学校であり、Vtuberになるための専門的な知識とスキルを学ぶことができる最適な環境を提供しています。ANyCOLOR株式会社との監修協力やVTuberプロジェクトへの参画、充実した設備など、学生にとって魅力的な点が多くあります。VTuberを本気で目指す方にとって、代々木アニメーション学院は非常にオススメの学校です。

気になる方は、まずは資料請求やオープンキャンパスへの参加を検討してみてください。

5. VTuberを目指せる他の専門学校

education

VTuberを目指すためには、他にもいくつかの専門学校があります。以下では、その中からいくつかを紹介します。

5.1 総合学園ヒューマンアカデミーのパフォーミングアーツカレッジ

総合学園ヒューマンアカデミーのパフォーミングアーツカレッジには、Vtuber専攻があります。ここでは、在学中にVtuberデビューを果たすことができます。また、企業との連携やプロの講義を通じて実践力を身につけることができます。

5.2 KADOKAWAアニメ・声優アカデミー専門部の声優学部

KADOKAWAアニメ・声優アカデミーの声優学部では、Vtuberを目指すことができます。KADOKAWAは多くのアニメ作品を制作しており、その作品を活用しながらスキルを磨くことができます。

5.3 バンタンクリエイターアカデミー

バンタンクリエイターアカデミーでは、VTuberを支えるプロデューサーやチャンネル運営者、動画の制作に欠かせない構成作家、映像ディレクター、さらにはイベントの企画・運営者など、さまざまな職業・職種を目指せる環境が整っています。

これらの専門学校は、VTuberを目指す人にとって有益な知識と経験を提供しています。各学校にはそれぞれ特色がありますので、自分の目指すVTuberのスタイルや学びたい分野に合わせて選ぶことが重要です。

まとめ

VTuberを目指すためには、様々なスキルが求められます。キャラクターデザインやモデリング、トークスキル、発声スキルなど、自分の専門分野や得意なスキルを磨くことが重要です。専門学校を選ぶ際には、自分の学びたいスキルや目的に合わせて選ぶことが大切です。各学校の特徴やカリキュラムを比較検討して、自身に合った学校を見つけてください。VTuberに必要なスキルを習得し、活躍するための第一歩を踏み出しましょう。

これからVTuberを目指したい学生さんたちに忘れないでおいてほしいのは、専門学校に行ったからといってVTuberとしての活躍が確約されるものではないということです。現に現在活躍している全てのVTuberはVTuber専門学校には行っていないわけですから。

学校に行かなくてもVTuberにはなれる一方で、オーディションを受ける機会や演技指導、同じVTuberを志す仲間とのつながりなど、学校ならではの経験が積めることも事実です。ただ通うのではなく、「絶対にVTuberとして多くの人を楽しませるんだ!」「VTuberとして人を楽しませるにはどうしたらいいんだろう?」ということを常に考え、強みを伸ばし足りないところを補えるよう努めましょう。

この記事を読んでくれたあなたが、いつかVTuberとして活躍することを心待ちにしています。

よくある質問

Q1: VTuberの収益化手段は何ですか?

A1: VTuberの収益化手段には広告収入や投げ銭などがあります。また、最近では企業や自治体からの仕事依頼も増えているため、収入を増やす機会もあります。

Q2: VTuberに求められる主なスキルは何ですか?

A2: VTuberにはトークスキル、発声スキル、演技力、企画力、PC操作スキル、動画編集スキルなどが求められます。

Q3: VTuberを目指すための専門学校の選び方はありますか?

A3: VTuberを目指すための専門学校を選ぶ際には、学びたいスキルに合わせて選ぶことや、カリキュラム内容を比較検討することが重要です。また、学校の評判や実績、費用や通学の利便性、オーディションや就職支援などのサポート体制も考慮することが必要です。

Q4: 代々木アニメーション学院のVTuber科はどのような特徴がありますか?

A4: 代々木アニメーション学院のVTuber科は、ANYCOLOR株式会社とのカリキュラム監修協力やVTuberプロジェクト「ぱらすと!」への参画できるなどの特徴があります。また、充実した設備や40年以上の歴史と実績を活かした教育環境も魅力です。

シェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次