広告:このページの商品リンクは、アフィリエイトリンクを含んでいます

Adobe学割でお得に購入!賢い利用方法と手続きを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
technology

Adobeの製品は、プロフェッショナルな映像編集やグラフィックデザインを行う上で必要不可欠ですが、その価格は学生や教育関係者にとって高額に感じられることがあります。しかし、Adobe学割を利用することで、これらの製品を手軽に、そして経済的に利用することが可能になります。このブログでは、「Adobe学割購入方法」というテーマを掘り下げ、学割の対象者、利用条件、そしてどのようにしてお得にAdobe製品を手に入れることができるのかを詳しく解説していきます。学生から教育関係者、さらには社会人まで、Adobeの製品をより身近に感じられるような情報を提供していきますので、Adobe製品に興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

目次

1. Adobe学割とは?

Adobe

Adobe学割は、特定の対象者がAdobeの製品を割引価格で利用できる制度です。この学割を利用することで、プロフェッショナルな映像編集やグラフィックデザインのソフトウェアを手軽に利用することができます。

Adobe学割は、学生や教職員、教育機関などが対象となっています。具体的な対象者は以下の通りです:

  • 学校等の教育機関
  • 教育委員会/教育委員会所管の施設
  • 文科省所管の国立教育政策研究所/文科省所轄の独立行政法人のうち教育を目的にした機関
  • 公共職業能力開発施設/職業訓練法人
  • 求職者支援訓練施設
  • 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の傘下組織
  • 身体障害者社会参加支援施設および養成施設/就労支援事業所
  • 行政が運営する学位が取得できる大学校
  • 大学共同利用機関
  • 特定非営利活動法人(NPO法人)
  • スクールパートナー

Adobe学割を利用することで、以下のような利点があります:
- Adobe Creative Cloud(以下、CC)などのAdobe製品を割引価格で購入できる
- プロフェッショナルな映像編集やグラフィックデザインなどのソフトウェアを手軽に利用できる

Adobe学割は多くの対象者が利用できるため、広範な方々が手軽にAdobeの製品を使うことができます。さらに、手頃な価格で高品質なソフトウェアを使用することができるので、学習や創造的な活動において大変便利です。

2. Adobe学割の対象者

education

Adobe学割を利用することができる主な対象者は以下の通りです。

教育機関に所属する人々

Adobe学割は学校や教育機関に所属する人々に適用されます。具体的な対象者は次のとおりです。

  • 学校等の教育機関
  • 教育委員会/教育委員会所管の施設
  • 文科省所管の国立教育政策研究所/文科省所轄の教育機関
  • 公共職業能力開発施設/職業訓練法人
  • 求職者支援訓練施設
  • 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の傘下組織
  • 身体障害者社会参加支援施設および養成施設/就労支援事業所
  • 学位が取得できる行政が運営する大学校
  • 大学共同利用機関
  • 特定非営利活動法人(NPO法人)
  • スクールパートナー

学生

一般的に、13歳以上の学生もAdobe学割を利用することができます。ただし、幼稚園生や小学生は対象外となりますので、注意が必要です。

また、Adobeスクールパートナープログラムに登録された法人や教育機関のコース受講生や教職員もAdobe学割を利用することができます。

これらはAdobe学割の対象者の一部ですが、一般的に教育機関に所属する学生や教職員であれば、ほぼ間違いなくAdobe学割を利用することができます。利用する際には、所属機関や学生であることを証明する必要がありますので、詳細は公式サイトなどを参照してください。

3. Adobe学割の利用条件

education

Adobe学割を利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

3.1 年齢制限

  • Adobe学割を利用するには、13歳以上である必要があります。

3.2 学校・教育機関に所属すること

  • Adobe学割は、大学院、大学、専門学校、高等学校、中学校、ホームスクールなどの教育機関に所属している生徒や学生に適用されます。

3.3 学生・生徒であること

  • Adobe学割を利用するためには、学生・生徒であることが条件となります。
  • 学校での在籍状況を証明するためには、学生証、在学証明書、健康保険証(中学生の場合)が使用できます。

3.4 特定の職業訓練機関に所属すること

  • 公共職業能力開発施設や職業訓練法人に所属している職業訓練生も、Adobe学割を利用することができます。
  • ただし、所属してから3ヶ月以上経過している場合に限ります。

3.5 学割は卒業後は適用されない

  • Adobe学割は卒業後の購入には適用されません。
  • 卒業後は通常価格で購入する必要があります。
  • ただし、卒業前に学割価格で購入しておくと、1年間は学割価格で利用することができます。

以上がAdobe学割の利用条件です。これらの条件を満たしている場合は、学割価格でAdobe CCコンプリートプランを利用することができます。

4. Adobe学割の価格

education

Adobe学割では、通常価格に比べて割引された価格でAdobe Creative Cloudを利用することができます。以下に、Adobe学割の価格と割引率の一覧を示します。

Adobe学割の価格一覧

  • Adobe公式学割価格: 年間26,136円(税込)
  • スクールパートナー割引価格: 年間39,980円(税込)

Adobe学割を利用することで、通常価格に比べて約64%もの割引を受けることができます。特にスクールパートナー割引では、通常価格よりも約45%オフの価格でAdobe Creative Cloudを利用することができます。社会人でも利用できるスクールパートナーの価格は、実質的に半額となるため、非常にお得です。

Adobe学割の利用条件

Adobe学割を利用するためには、学生であることや特定の教育機関に在籍していることが条件となります。具体的な対象者は以下の通りです。

  1. 学校等の教育機関
  2. 教育委員会/教育委員会所管の施設
  3. 文科省所管の国立教育政策研究所/文科省所轄の独立行政法人のうち教育を目的にした機関
  4. 公共職業能力開発施設/職業訓練法人
  5. 求職者支援訓練施設
  6. 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の傘下組織
  7. 身体障害者社会参加支援施設および養成施設/就労支援事業所
  8. 行政が運営する学位が取得できる大学校
  9. 大学共同利用機関
  10. 特定非営利活動法人(NPO法人)
  11. スクールパートナー

学割を利用する際には、購入時に学生証や在学証明書、健康保険証などの身分証明書を提出する必要があります。

まとめ

Adobe学割を利用することで、通常価格に比べてお得にAdobe Creative Cloudを利用することができます。特にスクールパートナー割引では、非常にお得な価格で利用することができますので、社会人でも利用する価値があります。Adobe学割を利用する際には、対象者であることや利用条件に注意しながら、お得な価格でAdobe Creative Cloudを手に入れましょう!

5. 社会人でもアドビスクールパートナープログラムを利用できる条件とメリット

education

アドビスクールパートナープログラムとは?

アドビスクールパートナープログラムは、アドビが認定した教育機関やスクールが提供する通信講座のことです。このプログラムは、一般の社会人でも利用することができます。通常のアカデミック版と同じく、手頃な価格でAdobe Creative Cloudを利用することができますが、個人での購入ではなく、スクールでの購入に限定されています。

アドビスクールパートナープログラムを利用する条件

アドビスクールパートナープログラムを利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. アドビスクールパートナープログラム認定の教育機関の学生または教職員であること。
  2. 3ヶ月以上の課程に在籍している生徒/学生であること。
  3. 学校教育法に規定された教育機関、職業能力開発法に規定された公共職業能力開発施設や職業訓練法人、行政が運営する学位が取得できる大学校に在籍していることなどの条件があります。

アドビスクールパートナーのメリット

アドビスクールパートナープログラムを利用すると、以下のようなメリットがあります。

  • 学生や教職員以外の社会人でも手頃な価格でAdobe Creative Cloudを利用することができます。
  • オンライン通信講座を受講することで、短期間でAdobeのスキルを学ぶことができます。
  • アドビスクールパートナーは通常1年の契約期間であり、翌年も同価格で更新することができます。

注意点

アドビスクールパートナープログラムは社会人でも利用できますが、購入方法や利用条件は学生向けの学割とは異なる場合があります。具体的な情報や詳細な利用方法については、各スクールやアドビ公式サイトで確認することをおすすめします。

また、学生向けの学割を利用するためには、アドビストアなどで個人購入を行う必要があります。さらに、学生証や在学証明書などの資格証明書の提出が求められる場合もあります。

以上が、社会人でも利用できるアドビスクールパートナープログラムについての情報です。学生向けの学割が使えない場合でも、アドビスクールパートナーを利用してAdobe Creative Cloudをお得に利用しましょう。

まとめ

以上が、Adobe学割を利用してAdobe Creative Cloudを手に入れるための購入方法についての情報です。Adobe学割を利用する際には、学生であることや特定の教育機関に在籍していることが必要です。対象者であることや利用条件に注意しながら、お得な価格でAdobe Creative Cloudを手に入れましょう。また、社会人でも利用できるアドビスクールパートナープログラムを利用することで、手頃な価格でAdobe Creative Cloudを利用することができます。学生向けの学割が使えない場合でも、アドビスクールパートナープログラムを利用してお得にAdobe Creative Cloudを利用しましょう。ぜひ、自分の学習や創造的な活動に役立ててください。

よくある質問

Q1. Adobe学割を利用するためにはどのような条件がありますか?

A1. Adobe学割を利用するためには、以下の条件を満たす必要があります:
- 学校や教育機関に所属していること
- 年齢制限(13歳以上)
- 学生であることを証明するための身分証明書の提出

Q2. 学割の利用期間や卒業後の利用について教えてください。

A2. 学割価格でAdobe Creative Cloudを利用する際の契約期間は通常1年間です。卒業後は学割価格は適用されず、通常価格での購入が必要です。

Q3. Adobeスクールパートナープログラムとは何ですか?

A3. Adobeスクールパートナープログラムは、アドビが認定した教育機関やスクールが提供する通信講座のことです。社会人でも利用することができますが、個人ではなく学校や教育機関の購入に限定されます。

Q4. 社会人でもアドビスクールパートナープログラムを利用するメリットはありますか?

A4. アドビスクールパートナープログラムを利用すると、以下のメリットがあります:
- 学生や教職員以外の社会人でも手頃な価格でAdobe Creative Cloudを利用できる
- オンライン通信講座を受講することで、短期間でAdobeのスキルを学ぶことができる
- 契約期間が1年で、同価格で更新が可能

Note: The given text does not contain clear and separate questions for the FAQ.

シェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次