広告:このページの商品リンクは、アフィリエイトリンクを含んでいます

IRIAMでVTuberデビュー!必要な配信機材一覧と活躍方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
青空

この記事では、IRIAMというライブ配信アプリの特徴や利用方法を解説し、それに伴い、VTuberとして活躍するために必要とされる配信機材の一覧についても詳しく説明していきます。これからIRIAMを使ってVTuberとしてデビューしようと考えている方や、配信機材をアップグレードしたい方におすすめの情報が盛りだくさんですので、ぜひ最後までお読みください!

目次

1. IRIAMとは

IRIAM 公式サイトより

IRIAM(イリアム)は、自分のイラストを動かしてキャラクターになりきることができるライブ配信アプリです。他のライブ配信アプリと比べても、IRIAMは独自の特徴を持っています。またYouTubeで活動を行うVをVチューバーと呼ぶのに対し、ライブ配信を主に行うVをVライバーと呼びます。

1.1 特徴

IRIAMの特徴は以下の通りです:

  • キャラクターになりきることができる:自分のイラストを使って簡単に配信することができます!
  • 幅広い楽しみ方ができる:視聴者としても、ライバーとしても楽しむことができます。自分のキャラクターとして配信するだけでなく、他のライバーの配信も視聴することができます。
  • 配信機材を使うことで配信の質を向上させることができる:配信機材を使用することで、音質や効果音のクオリティを高めることができます。

提供:株式会社IRIAM

1.2 視聴方法

IRIAMの視聴方法は以下の通りです:

  1. スマートフォンにIRIAMアプリをダウンロードします。
  2. アカウントを作成し、ログインします。
  3. ホーム画面から配信者を選び、視聴します。

1.3 収益化する方法

IRIAMで収益化する方法は以下の通りです:

<収益化の申請に必要な条件>

  • 15時間以上配信
  • 10日以上配信
  • 累計獲得ポイント5,000pt以上(ギフトで獲得)

以上が、IRIAMについての概要です。次のセクションでは、配信に必要な機材の詳細について説明していきます。

2. 配信に必要な機材とおすすめ機材

equipment

配信するために必要な機材は複数あります。以下では、配信に必要な機材の概要を説明します。

スマホでの配信機材

スマートフォン

IRIAMの動作環境は以下の通りです。

<iOS>

配信:iOS11以上(14以上を推奨)に対応したiPhone6s以降の端末
視聴:iOS11以上(14以上を推奨)に対応したiPhone5s以降の端末

ARKit対応端末であれば、TrueDepthカメラにより配信イラストをよりきれいに動かすことが可能です。

ARKit対応端末の確認はこちら
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone SE(第2世代)※1
iPhone 11 pro Max 
iPhone 11 pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X

※1 iOS14以降を使用した場合、ARKit相当の高精度なトラッキング機能が利用可能

<Android>

配信:Android 8.0以上に対応した64bit対応CPU&3GB以上のメモリ(RAM)を搭載した端末
視聴:Android 8.0以上に対応した64bit対応CPU&3GB以上のメモリ(RAM)を搭載した端末

※9.0以上が推奨されています。
Sony Xperia X Compact,Xiaomi Mi Note 10 proは配信非対応端末

マイク

スマホ配信のため、スマホ内蔵のマイクでももちろん配信可能ですが、配信の音声をさらに明瞭にするためには外部マイクを使いましょう。一般的な配信用マイクとしては、コンデンサーマイクがよく使用されます。コンデンサーマイクは高音質であり、音の取り込み範囲も広いため、配信品質を向上させることができます。コンデンサーマイクをスマホで使用するためには、オーディオインターフェースが必要です。

以下のマイクはコスパがよく入門用としておすすめです。

マランツプロ MPM-1000 コンデンサーマイク、ゲーミング、配信、録音、単一指向性、ショックマウント、ウインドスクリーン、マイクスタンド、XLRケーブル付属 48Vファンタム電源

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースは、声だけでなく音楽や他の音声をスマホに入力するための機材です。配信の音声にエフェクトやBGMを追加することができます。

以下の商品は7000円弱で安いうえボイスチェンジャーやカスタム効果音もつかえていいのではないでしょうか。

FIFINE AmpliGame SC3W オーディオミキサー ポッドキャスト ミキサー RGB機能付き ボイスチェンジャーボタン カスタム効果音 配信 実況

オーディオインターフェースでは『YAMAHA AG03』が入門機材として有名ですが、入門用としては約3万円と高く、AG03でなければいけない理由もないので、安い機材から始めるのが財布にやさしくておすすめです。ライバーとして稼げるようになったら買い替える、買い換えれるように活動を頑張る、くらいのモチベーションで臨みましょう。

ヘッドフォン・イヤホン

配信の音声を確認するためにイヤホンも必要です。自分の声や音のモニタリングをすることで、聴きやすい配信を実現することができます。モニタリング用であれば、わざわざいいものを買い揃えなくても聞こえればいいので、イヤホンジャック端子の普段使いしているイヤホンがあればそれで大丈夫です。

その他の機材

以下の機材も配信の品質向上に役立ちます。

  • ポップフィルター: マイクに装着することで、息音や口元のノイズを軽減します。
  • マイクスタンド: マイクを安定して取り付けるためのスタンドです。
  • 吸音パネル: 部屋の反響音を軽減するためのパネルです。

これらの機材は、配信品質を向上させるために有効な選択肢ですが、自身の配信の目的や予算に合わせて選択することが重要です。みんなが使っているものはスタンダードであっても、あなたにとってもベストな選択肢とは限りません。

PCでの配信は不可

IRIAMはスマホアプリのみで動作・視聴するため、PCでの配信はできません。

まとめ

以上が、IRIAMの概要とIRIAMでのVTuber/VLiver配信に必要な機材です。IRIAMにおいて、高品質な配信を提供するためには、マイクやオーディオインターフェースなどの機材の選択が重要です。配信機材を使うことで配信品質を向上させることができます。また、吸音パネルなどの補助的な機材も配信環境の構築に役立ちます。自分の配信の目的や予算に合わせて、最適な機材を選んでください。快適な配信環境を整えて、IRIAMユーザーに魅力的なコンテンツを提供しましょう。

よくある質問

Q1. IRIAMアプリのダウンロードは無料ですか?

A1. はい、IRIAMアプリのダウンロードは無料です。

Q2. IRIAMで配信するためには何が必要ですか?

A2. スマホとイラスト、最低限この二つがあれば配信を始めることができます。予算や配信の目的に応じて、マイクやオーディオインターフェースを用意しましょう。

Q3. コンデンサーマイクを選ぶ際に注意すべき点はありますか?

A3. コンデンサーマイクを選ぶ際には、音声のクオリティや価格、使い勝手などを考慮する必要があります。自分の配信の目的や予算に合わせて慎重に選ぶことをおすすめします。またコンデンサーマイクは直接スマホに接続できないため、オーディオインターフェースも合わせて用意する必要があることに注意が必要です。

Q4. 生成AIで作成したイラストでも配信に使用できますか?

A4. はい、基本的には使用できます。ただし次のようなイラストは生成AIによる作成であっても禁止されています。

  • 有名なアニメのキャラクターなどに明らかに似ているイラスト
  • 胸周りに過度な露出をしているキャラクターのイラスト
  • 著作者の許諾を得ず、既存のイラストに明らかに似せたイラスト
シェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次