広告:このページの商品リンクは、アフィリエイトリンクを含んでいます

PS5対応!究極の2TB外付けSSDおすすめランキング!

当ページのリンクには広告が含まれています。
technology

PS5(プレイステーション5)のゲームプレイをより快適に楽しむためには、高速なデータ転送が求められます。そのため、2TBの大容量を備えた外付けSSDの利用がおすすめです。このブログでは、PS5対応の大容量2TBのおすすめ外付けSSDを紹介していきます。最適なストレージデバイスを見つけて、より快適なゲーム体験を手に入れましょう!

目次

1. はじめに

SSD

PS5(プレステ5)は、ゲーム業界で大きな注目を集めている最新のゲーム機です。その特徴的な性能やゲーム体験の向上には、高速なデータ転送が必要とされます。そのため、PS5の内蔵ストレージを拡張するために、外付けSSD(Solid State Drive)の利用がおすすめされています。

外付けSSDは、PS5本体に接続して使用することができるストレージデバイスであり、ゲームの読み込み速度やデータの処理速度を向上させることができます。さまざまなメーカーから様々な製品が販売されており、選択肢も豊富です。

本記事では、PS5の外付けSSDの選び方やおすすめの製品を紹介します。まずは、PS5の外付けSSDを選ぶ際に考慮すべきポイントをご紹介します。それから、コスパや性能などの観点からおすすめの製品をランキング形式でご紹介します。

PS5でより快適なゲームプレイを楽しみたい方は、ぜひ外付けSSDの利用を検討してみてください。次のセクションでは、PS5対応の拡張SSDとしておすすめの製品をご紹介します。お楽しみに!

2. PS5おすすめ外付けSSD紹介

SSD

PS5(プレステ5)の外付け用のSSDは、高速で容量も大きく、利便性が求められます。以下に、PS5におすすめの外付けSSDを紹介します。

2.1 Nextorage PS5™対応 拡張SSD

  • 「Nextorage」から販売されているSSDで、PS5で動作確認済みです。
  • 製品保証や国内サポートにも5年間対応しているので、安心して購入することができます。
  • ヒートシンクが最初から取り付けられており、初心者でも扱いやすいです。
  • 1TB版/2TB版が用意されており、用途に合わせて選択することができます。

2.2 Samsung 980 PRO

  • 「Samsung」のSSDで、信頼性があります。
  • ヒートシンクは初期搭載されていませんが、必要に応じて追加購入可能です。
  • 250GB、500GB、1TB、2TBの4種類の容量があり、プレイスタイルに合わせて選択することができます。

2.3 WD BLACK SN850

  • 「ウエスタンデジタル」のSSDで、ヒートシンク搭載型と非搭載型の製品があります。
  • 500GBのモデルは手頃な価格帯であり、人気のメーカーなので品薄になることがあります。
  • ヒートシンク搭載型でも非搭載型でもPS5で動作確認済みであり、幅広いユーザーにおすすめです。

2.4 FireCuda 530

  • 「Seagate」のSSDで、容量の選択肢が豊富です。500GB、1TB、2TB、4TBから選ぶことができます。
  • PS5搭載に必要な要件を満たす4TBモデルは貴重であり、容量重視のヘビーユーザーにおすすめです。
  • ヒートシンクは付属していませんが、PS5での動作確認済みであり、追加のヒートシンクも購入可能です。

2.5 XPG GAMMIX S70 BLADE

  • 「XPG」のSSDで、読み込み速度が他のメーカーのSSDよりわずかに速いです。
  • ヒートシンク着脱型モデルにはヒートシンクが付属しており、心配いらないですが、一体型モデルはPS5搭載の要件サイズを満たしていないため注意が必要です。

2.6 東芝エルイートレーディング(TLET) ヒートシンク付

  • 「TOSHIBA」のグループ会社「東芝エルイートレーディング」のSSDで、信頼できる国内メーカーです。
  • 1TBから4TBまでの容量があり、幅広いユーザーに適しています。
  • ヒートシンクがない版も販売されており、別途ヒートシンクを購入することも可能です。

2.7 ADATA Premier ヒートシンク付属 2TB

  • 「ADATA」の内蔵SSDで、PS5での動作確認済みです。
  • 3種類の容量から選ぶことができ、ヒートシンクの着脱も可能です。取り付け初心者にも安心な製品です。

2.8 CORSAIR MP600 PRO Low Profileシリーズ 2TBモデル

  • 「CORSAIR」の内蔵SSDで、アルミニウム製のヒートスプレッダが内蔵されており、熱分散能力が高められています。
  • 2TBの容量で高速な読み込み・書き込み速度で、ハイエンドなSSDとしておすすめです。

2.9 SABRENT SSD 1TB ヒートシンク付

  • 「SABRENT」の内蔵SSDで、3種類の容量から選ぶことができます。
  • PS5のSSD拡張スロットに収まるように設計されており、取り付け初心者にもおすすめです。

2.10 SK hynix Platinum P41 1TB

-「SK hynix」の内蔵SSDで、ユーザー評価が高い製品です。
- メーカー保証も5年ついており、安心して使用することができます。
- ヒートシンクは付属していませんが、必要に応じて別途購入する必要があります。

以上がPS5におすすめの外付けSSDの紹介です。自身の予算や使用目的に合わせて選ぶことをおすすめします。注意ポイントや内蔵SSDの紹介も行っているので、参考にしてください。

3. Nextorage PS5対応拡張SSDの性能

SSD

Nextorage(ネクストレージ)NEM-PAは、PS5対応の内蔵SSDであり、高性能なアルミ製ヒートシンクが特徴です。以下に、その性能について詳しく解説します。

高速な読み込みと書き込み

Nextorage PS5対応拡張SSDは、最大7300MB/sの読み込み速度と6000MB/sの書き込み速度を実現しています。これにより、ゲームやデータの読み込みや書き込みが素早く行えます。スムーズで快適なプレイ体験が可能です。

効果的な熱放散

このSSDには、黒アルマイトを施したアルミ製ヒートシンクが搭載されています。高い熱放射性を持つヒートシンクは、高負荷時に発生する熱を効果的に放散し、SSDを安定した状態で使用することができます。

イラスト付きガイドの同梱

Nextorage PS5対応拡張SSDには、取り付けの際に役立つ「イラスト付きガイド」が同梱されています。初めてSSDを取り付ける方でも、簡単に取り付けることができます。わかりやすい手順を参考にしながら、迷うことなく取り付けができます。

長期間の製品保証と国内サポート

このSSDは、5年間の製品保証と国内サポートが提供されています。信頼性の高い製品であるため、長い期間安心して使用することができます。万一のトラブルや不具合にも、迅速かつ的確に対応してもらえます。

以上がNextorage PS5対応拡張SSDの性能についての解説でした。高速な読み込みと書き込み速度、効果的な熱放散機能、簡単な取り付け手順、および長期間の製品保証と国内サポートの提供など、魅力的な特徴を備えたSSDです。PS5の内蔵ストレージとして、非常に優れた選択肢と言えるでしょう。

4. 980 PRO with HeatsinkをPS5に取り付け

SSD

PS5に人気のあるSamsung SSD 980 PRO with Heatsinkを取り付ける方法を紹介します。

必要なもの

以下のものを用意しましょう。

  • 980 PRO with Heatsink SSD
  • プラスドライバー
  • PS5本体

取り付け手順

  1. PS5の電源を切ります。作業時には電源ケーブルを本体から抜いておくことを忘れないでください。

  2. PS5の右側面のカバーを取り外します。金属製のスロットカバーが見えるはずです。

  3. スロットカバーを取り外すことで、PS5のSSD増設用スロットにアクセスできます。

  4. 980 PRO with Heatsinkは、ヒートシンクが装備されているため、そのまま増設用スロットに取り付けるだけです。
    - 注意:ヒートシンクがSSDに取り付けられているため、追加の冷却装置は必要ありません。

  5. SSDをスロットに取り付けたら、プラスドライバーを使ってしっかりとねじ止めてください。

  6. SSDの取り付けが完了したら、PS5の電源を入れます。

  7. 電源が入ると、SSDのフォーマットが求められます。指示に従ってフォーマットを実行しましょう。

  8. フォーマットが完了すると、SSDの性能をテストするベンチマークが実行されます。980 PRO with Heatsinkでは、推奨リード速度の5,500MB/sを上回る6,499MB/sの結果が出れば、正常に増設されていることを確認できます。

  9. 取り付けとフォーマットが無事に完了すると、980 PRO with Heatsinkの2TBモデルはPS5上で2.0TBのSSDとして認識されます。PS5本体の標準で内蔵されているSSDの空き容量660GBと比較すると、2TBのSSDを利用できることがわかります。

以上が980 PRO with HeatsinkをPS5に取り付ける手順です。増設用SSDを導入することで、PS5の容量不足の解消やゲームのロード時間の改善などが期待できます。ぜひ試してみてください。

5. PS5対応内蔵SSDランキング

SSD

今回は、PS5対応の内蔵SSDを徹底比較し、おすすめのモデルをランキング形式でご紹介します。PS5対応内蔵SSDの選び方や条件についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

5.1 Nextorage PS5™対応拡張SSD

  • NextorageのPS5対応拡張SSDは、PS5での動作が確認済みで安心して購入できます。
  • ヒートシンクが最初から取り付けられているので、取り扱いに不慣れな方でも安心です。
  • 1TB版と2TB版が用意されており、用途に合わせて選択できます。

5.2 Samsung 980 PRO

  • Samsungの980 PROは有名メーカーの信頼性があります。
  • 初期搭載されていないヒートシンクもセット販売されているので、必要な方はセットを購入しましょう。
  • 容量の種別が豊富で、250GBから2TBまで選ぶことができます。

5.3 その他のおすすめモデル

上記のモデル以外にも、PS5対応の内蔵SSDにはさまざまな製品があります。以下は参考としていくつかのおすすめモデルをご紹介します。

  • WD_BLACK SN850
  • Seagate FireCuda 520
  • Crucial P5 Plus
  • Kingston NV1 NVMe
  • Adata XPG GAMMIX S70

これらのモデルはいずれも高速な読み込み速度を持ち、信頼性が高いです。容量や価格など、自分のニーズに合わせて選ぶことが重要です。

PS5対応内蔵SSDの選び方や条件については、公式サイトや各製品の詳細をよく読んで理解することが大切です。また、必要に応じてヒートシンクなどの付属品を検討しましょう。

以上がPS5対応内蔵SSDのランキングと選び方の解説でした。自分のニーズに合った製品を選び、PS5のパフォーマンスを最大限に引き出しましょう。

まとめ

PS5対応の2TBのおすすめSSDについて紹介しました。PS5の内蔵ストレージを拡張することで、ゲームの読み込み速度やデータの処理速度を向上させることができます。また、選ぶ際には自身の予算や使用目的に応じて、性能や容量、信頼性などを考慮することをおすすめします。

上記の記事で紹介したNextorage PS5対応拡張SSDやSamsung 980 PROなどは、高性能で信頼性が高い製品です。しかし、それ以外にもさまざまなおすすめのモデルがありますので、自分に合った製品を選んでください。

PS5のスペックを最大限に活かすためにも、ぜひ内蔵SSDの拡張を検討してみてください。快適なゲームプレイを楽しむことができるでしょう。

よくある質問

Q1: PS5に外付けSSDを接続することは可能ですか?

A1: はい、PS5に外付けSSDを接続することは可能です。ただし、PS5本体に接続するには特定の仕様を満たす必要があります。

Q2: 外付けSSDの選び方にはどのようなポイントがありますか?

A2: 外付けSSDを選ぶ際には、以下のポイントに注意することをおすすめします。
- PS5との互換性の確認
- 読み込み速度、書き込み速度の性能
- 容量の選択
- ヒートシンクの有無や冷却性能

Q3: ヒートシンクは必要ですか?

A3: ヒートシンクは、SSDが高負荷時に発生する熱を効果的に放散するために利用されます。PS5での使用においては、ヒートシンクが装備されている方が安定した動作が期待できますが、必ずしも必要ではありません。

Q4: 内蔵SSDの増設手順は難しいですか?

A4: 内蔵SSDの増設手順は、取り外しや取り付けに慣れていない方にとっては少し難しいかもしれません。ただし、取り扱い説明書やオンラインのガイドを参考にすることで、比較的簡単に増設することができます。最も重要なのは、細心の注意と慎重さです。

シェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次