広告:このページの商品リンクは、アフィリエイトリンクを含んでいます

【Vtuber・YouTuber必見】魅力的なオリジナルグッズの作り方!成功させるポイントを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
merchandise

VtuberやYouTuberの世界は、日々新しい才能が登場し、ファンの心を掴むための競争が激化しています。そんな中、ファンの熱い支持を背景に、「自分のグッズを持ちたい!」と考えるVtuberは少なくありません。しかし、「グッズを作るのは難しいのでは?」「どう始めればいいのかわからない」と感じている方も多いでしょう。このブログでは、そんなVtuberやYouTuberが企画から販売まで、一連の流れを理解し、自分のグッズを成功させるためのポイントを紐解いていきます。「vtuber グッズ 作り方」をテーマに、実際にグッズを製作・販売するための具体的な方法から、オススメの制作サイト、受注生産の利点と注意点まで、網羅的に解説していきます。これから自分のグッズを作りたいと思っているVtuberの皆さん、一緒に素敵なグッズの世界を創造していきましょう。

目次

1. Vtuber・YouTuberとグッズ販売の現状

merchandise

Vtuber・YouTuberは、自身のファン層から「グッズ販売をしてほしい!」と言われることがあります。また、Vtuber自身も「自分のグッズがほしい」と思うことがあります。しかし、グッズ販売は一見難しそうでお金がかかるように思えるかもしれません。

Vtuberのグッズ販売は、Vtuberのキャラ・アバターに関連した物品を販売することを指します。Vtuberが所属している事務所であれば、事務所のバックアップを得て大規模なグッズ販売ができますが、個人で活動しているVtuberでも制作・販売を委託することでグッズ展開が可能です。

具体的には、大手Vtuber事務所である「にじさんじ」は、所属するVtuberのグッズ販売を行っています。彼らのグッズ販売は、比較的小さなグッズから始まり、クリアファイル、マグカップ、パーカーなどさまざまなアイテムを展開しています。また、Vtuberらしさを活かした動画をBlue-Lay化したグッズも販売されています。

グッズ販売は、収入面だけでなく、ファンサービスとしても効果的です。特に、チェキと呼ばれるグッズには、ファンからの要望に応じて直筆のメッセージを入れることができます。初めてのグッズには最適です。

Vtuber界隈は、戦国時代ともいえるほどに数多くのVtuberが生まれています。彼らの中には、一定数のファンを持つVtuberもいます。また、ファンからのスパチャも増えています。スパチャをするほどのファンならば、グッズを望んでいることでしょう。

しかし、グッズ制作は難しそうでお金がかかるイメージがあるかもしれません。そんなVtuberも多いはずです。しかし、元手0円でグッズを作り販売する方法があります。これは、イラスト1枚あれば始めることができます。順を追って説明していきますので、参考にして自分のグッズを作ってみてください。

2. オリジナルグッズを作れるサイト5選

青空

オリジナルグッズを作成するためにおすすめのサイトを5つご紹介します。これらのサイトでは、VTuberやYouTuber、インフルエンサー、クリエイターが簡単に自分のオリジナルグッズを制作することができます。

1. ME-Q(メーク)

ME-Qは、スマホケースやTシャツ、キーホルダーなどを1個から比較的低価格で制作できるサイトです。さらに、BASE連携が可能なため、販売も簡単に行えます。ME-Qでは、スマホケース、Tシャツ、ポーチ、ファイル、エコバッグ、アクセサリー、アクリルスタンド、アクリルキーホルダー、マグカップ、水筒、タオル、ペンなど、さまざまなグッズの制作が可能です。

2. ファンクリ

ファンクリは、制作可能なグッズの種類が多く、使いやすいサイトとして人気です。デザインシュミレーションが何度でも無料で行えるため、自分のイメージに合ったグッズを作りやすいです。例えば、Tシャツ、タオル、ブランケット、マグカップ、タンブラー、缶バッチ、アクリルキーホルダー、アクリルスタンド、アクリルペンライト、スマホスタンドなどのグッズを制作することができます。

3. SUZURI

SUZURIは、グッズの作成から販売までを一括して行うことができるサイトです。人気クリエイターや著名人も利用しており、安心して利用することができます。スマホケース、Tシャツ、パーカー、トートバッグ、ステッカー、マグカップ、クッション、アクリルスタンド、ノートなどのグッズを制作することができます。

4. ノベルティ市場

ノベルティ市場では、アクリルスタンドやうちわなど、さまざまなバリエーションのグッズの制作依頼が可能です。小ロットでの発注も可能なため、個人でも利用しやすいです。例えば、アクリルスタンド、アクリルキーホルダー、アクリルカード、ファイル、缶バッジ、カレンダー、うちわ、コインケース、ICカードケース、小物入れなどのグッズを制作することができます。

5. オリジナルグッズプレス

オリジナルグッズプレスは、株式会社トランスが運営している実績と信頼性のあるサイトです。比較的低価格で高品質なグッズの制作が可能です。バッグ、ポーチ、タンブラー、ファイル、アクリルスタンド、アクリルキーホルダー、缶バッジ、タオル、ペンなどのグッズを制作することができます。

これらのサイトは、VTuberやYouTuberが自分のオリジナルグッズを制作するためにおすすめです。それぞれのサイトで制作可能なグッズの種類や形状、カラーなどが異なるため、自分の希望に合ったサイトを選ぶことが重要です。ME-Q、ファンクリ、SUZURI、ノベルティ市場、オリジナルグッズプレスなど、さまざまなグッズ制作ができるので、ぜひ自分やファン、視聴者が求めるグッズを制作してみてください。

3. グッズ製作の際のポイント

merchandise

グッズを制作する際には、以下のポイントに留意することが重要です。

デザインは自分で考えるか外部のデザイナーに依頼するか

  • 自身でデザインが苦手な場合は、プロのデザイナーに頼むこともできます。
  • クリエイターに要望や完成イメージを伝え、一緒に制作を進めましょう。

著作権に気を付ける

  • グッズ化する際は、著作権に留意する必要があります。
  • キャラクターデザインなどの使用に関しては、必ず相談しましょう。

グッズの種類を考慮する

  • グッズの種類は多岐にわたります。Tシャツ、アクスタ、アクキー、マグカップ、カレンダーなどがあります。
  • 自身が制作したいものやファンが求めているものを選ぶようにしましょう。

実用性の高いグッズを選ぶ

  • 実用性の高いグッズは、ファンに喜ばれやすく販売しやすいです。
  • マグカップ、タンブラー、バッグ、スマホケースなどがおすすめです。

低価格ながら人気のあるステッカーも選択肢に加える

  • ステッカーは幅広い用途で使用でき、比較的低価格なため制作や販売がしやすいです。

自身でグッズの製作に参加する

  • デザインを考えるのが苦手でも、グッズの製作に参加することが重要です。
  • 全てのデザインを自身で作る必要はありませんが、製作に関わることでグッズへの愛着も深まります。

上記のポイントを念頭に置きながら、自身に合ったオリジナルグッズの制作を進めましょう。

4. グッズ販売における受注生産のメリットとデメリット

production

グッズ販売において受注生産を選ぶことには、いくつかのメリットとデメリットがあります。以下では、それぞれの要点について詳しく説明します。

メリット

  • 在庫を抱える必要がないため、リスクが少なくなります。
  • ノーリスクで出品できるため、初めてのグッズ販売でも安心感があります。
  • 発注がかかった分だけ製作&販売できるため、過剰な在庫を抱えるリスクを回避できます。

デメリット

  • 利益率が低くなる可能性があります。
  • ロット割引が適用されず、グッズ一つ一つの価格がやや高くなる場合があります。
  • 一つずつ生産するため、価格が高くなる傾向があることに注意が必要です。

受注生産のメリットとデメリットを比較して、自分に合った販売方法を選ぶことが大切です。利益率を重視するのであれば、在庫を抱えて一括生産する方法も検討してみる価値があります。また、初めてのグッズ販売で不安な場合やリスクを回避したい場合には、受注生産型が安心できる選択肢となるでしょう。

上記のメリットとデメリットを考慮しながら、自身の目標やリスク許容度に合わせて販売方法を選ぶことが成功のカギとなります。在庫リスクや利益率など、自身のビジネスにとって重要な要素を見極めながら、戦略的にグッズ販売を進めていきましょう。

5. おすすめグッズと製作のポイント

青空

アクリルスタンド

アクリルスタンドは、人気のあるオリジナルグッズで、自分の好きなキャラクターやイラストを立体的に飾ることができます。アクリルスタンドを制作する際のポイントは以下の通りです。

  • デザインは目を引くように配色やポーズを工夫しましょう。
  • サイズには様々な選択肢がありますが、持ち運びや収納のことも考えて選びましょう。
  • クリアなアクリル素材を使うと、イラストがより映えます。

マグカップ・タンブラー

マグカップやタンブラーは、実用的でデザイン性も重要なオリジナルグッズです。制作のポイントは以下の通りです。

  • ファンや視聴者が使いやすく、日常で活用しやすいデザインを考えましょう。
  • 素材や形状、色などのバリエーションを豊富に利用し、自分のイメージに合ったものを選びましょう。
  • ヒートトランスファーという技法を使えば、高品質なプリントができます。

バッグ

バッグは、外出時に利用できる実用的なグッズです。ファンや視聴者は推しキャラクターや好きなものと一緒に過ごしたいと考えることが多いため、制作のポイントは以下の通りです。

  • ショルダーバッグやエコバッグ、トートバッグなど、用途に合わせて選びましょう。
  • デザインには目立つ色やロゴを取り入れると良いです。
  • ヒモやストラップにもデザインを施すことで、より個性的なバッグになります。

スマホケース

スマホケースは、現代人にとって必需品となっています。スマホケースを制作する際のポイントは以下の通りです。

  • スマホケースは機種によってサイズが異なるため、対応している機種を確認して制作しましょう。
  • デザインはシンプルで個性的なものが好まれます。
  • 耐久性や操作のしやすさを考慮し、素材や形状を選びましょう。

ステッカー

ステッカーは低価格でありながら人気のあるグッズで、様々な用途で利用できます。制作のポイントは以下の通りです。

  • デザインはシンプルでありながら、貼っても違和感のないものにしましょう。
  • サイズのバリエーションも多いため、用途に合わせて選びます。
  • ステッカーは剥がしやすい素材を使うと使い勝手が良くなります。

以上がおすすめのグッズと制作のポイントです。自分のイメージやファンのニーズに合わせて、最適なグッズを制作しましょう!

まとめ

VtuberやYouTuberのグッズ販売は、自身のファン層からの要望や自分のグッズへの思いから始まります。そして、オリジナルグッズ制作をするためには、いくつかのサイトを活用することがおすすめです。例えば、ME-Qやファンクリ、SUZURIなどがあります。また、グッズ制作の際には、デザインや著作権に気を付けること、実用的なグッズを選ぶこと、低価格なステッカーも取り入れることなどが重要です。さらに、受注生産のメリットとデメリットを比較しながら自分に合った販売方法を選び、アクリルスタンドやマグカップ、バッグ、スマホケースなどおすすめのグッズを制作しましょう。最後に、ファンや視聴者のニーズに合わせてオリジナルグッズを作り、成功を目指しましょう。

よくある質問

Q1. Vtuber・YouTuberがグッズ販売を始めるためにはどのくらいの費用がかかりますか?

グッズ販売を始めるためには、大手事務所に所属している場合や制作・販売を委託する場合には一定の費用がかかることがありますが、イラスト1枚あれば元手0円でグッズを作り販売することも可能です。

Q2. 自分でオリジナルグッズを作成する場合、どのようなサイトを利用すればいいですか?

オリジナルグッズを制作するためにおすすめのサイトとして、ME-Q(メーク)、ファンクリ、SUZURI、ノベルティ市場、オリジナルグッズプレスの5つを紹介しています。それぞれのサイトで制作可能なグッズの種類や形状、カラーなどが異なるため、自分の希望に合ったサイトを選ぶことが重要です。

Q3. グッズ制作の際に注意すべきポイントはありますか?

グッズ制作の際には、以下のポイントに留意することが重要です。
- デザインは自分で考えるか外部のデザイナーに依頼するか
- 著作権に気を付ける
- グッズの種類を考慮する
- 実用性の高いグッズを選ぶ
- 低価格ながら人気のあるステッカーも選択肢に加える
- 自身でグッズの製作に参加する

これらのポイントを念頭に置きながら、自身に合ったオリジナルグッズの制作を進めましょう。

Q4. グッズ販売における受注生産とは何ですか?メリットとデメリットはありますか?

グッズ販売における受注生産とは、発注があった分だけ製作する方法のことです。受注生産を選ぶことには、メリットとデメリットがあります。
- メリット:在庫を抱える必要がないためリスクが少なく、ノーリスクで出品できる、発注がかかった分だけ製作&販売できる。
- デメリット:利益率が低くなる場合があり、ロット割引が適用されず価格がやや高くなる、価格が高くなる傾向がある。

受注生産のメリットとデメリットを比較して、自分に合った販売方法を選ぶことが大切です。

シェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次