【PS4/PS5】ゲーム配信・配信機材&方法ガイド【Mac/Win】

こんにちは、ユサカタです。

お悩みボーイ

ゲーム配信について色々調べてみたけど…
「結局ゲーム配信するにはどれくらいのPCスペックがあればいいの?」
「おすすめのキャプチャーボード買って損しない?」
「必要な機材揃えたけどうまく配信できない…」
「キャプチャーボードがPCに認識されないんだけど…」
(by ゲーム配信をしようと思っている人)

本記事ではこのような疑問・問題を解決できるよう、ゲーム配信のための情報を完全網羅しています。

読了目安:15分

実体験をもとに書いています。(配信歴1年以上)
これからゲーム配信を始めようと考えている方は、ぜひご参考ください!

目次

PS4・PS5・Switchのゲームを生配信する方法


ゲーム配信の方法はこの二つです!

配信方法①:PC&キャプチャーボードを使う

「本格的にゲーム配信・動画投稿をしたい」「収益化していきたい」という方におすすめ。
Switchのゲーム配信をしたい方はPC&キャプチャーボードが必須です。


PS4やPS5、Switchをキャプチャーボード&PCに接続することで、ゲーム配信・動画投稿の選択肢がグッと広がります。

画像はPS5。PS4も同様。

PlayStationのシェア機能/ブロードキャスト機能のクオリティに納得できない場合は、この方法をとるしかありません。
PC環境がない場合はお金をかけて用意する必要があります。

配信に必要なもの

  • ゲーム機本体&ゲームソフト
  • ゲーミングPC
  • キャプチャーボード
  • オーディオ関連(マイク&イヤホン&オーディオインターフェース)
  • 配信ソフトウェア
  • インターネット環境
有名ゲーム配信者にPCゲーマーが多い理由

実は有名なゲーム配信者たちにPCゲーマーが多い理由は、PlayStationなどのコンシュマー機を使ったゲーム配信であっても一定以上のスペックのPCを用意する必要があるからです。
※e-sportsの大会がPC環境で行われることもひとつ

PCゲームを
ゲーミングPCで配信する場合
に用意するもの
コンシューマーゲームを
ゲーミングPCで配信する場合
に用意するもの
  • ゲーミングPC
  • ゲームソフト
  • ゲーミングPC
  • ゲーム機
  • ゲームソフト
  • キャプチャーボード

この通りゲーム配信をするなら、PCゲームを配信した方が機材も少なくて楽なんです。

PS4やSwitchなどのコンシューマーゲームをPCから配信するための環境を揃えていくうちに、PCゲームの配信環境が自然に整っちゃうっていうカラクリがあるんですよね。

ゲーム配信に必要な機材の詳細については後述しますので、気になる方はスキップをどうぞ。

配信方法②:PlayStationのシェア機能を使う

PlayStation本体があれば配信・動画投稿できるので、『お金をかけられないけど、とにかく配信を始めたい!』という方におすすめ。


コントローラーの「シェアボタン」を押すだけでクリップを保存でき、またブロードキャスト機能を使えばYouTubeやTwitchなどさまざまなプラットフォームに配信できます。

配信に必要なもの

  • PlayStation本体
  • ゲームソフト
  • ヘッドセット or マイク+イヤホン
  • インターネット環境

ブロードキャスト(生配信)に連携しているサービス

  • YouTube
  • ニコニコ生放送(niconico)
  • Twitch
  • Twitter

配信プラットフォームとの連携方法

PSホーム > 「設定」 > 「シェアとブロードキャスト」 >「他のサービスと連携する」

配信の詳細設定方法

PSホーム > 「設定」 > 「シェアとブロードキャスト」 > 「ブロードキャスト設定」 > 「詳細設定」

ブロードキャストの詳細設定で設定できる項目
  • PlayStation Cameraの映像をブロードキャストに含める
  • カメラ映像設定
  • シェアする音声の設定
  • 観戦者へのメッセージと観戦者のコメントを表示する
  • 観戦者へのメッセージ
  • コメント読み上げ
  • コミュニティーとブロードキャストをリンクする

動画編集したい方にぴったりの「ビデオクリップ機能」が便利

実はPlayStationのビデオクリップ機能はめちゃくちゃ高性能です。
録画開始/録画終了を選択できるのはもちろん、録画を開始し忘れても安心の自動録画も可能

自動録画の保存手順
  1. シェアボタンを短く1回押す
  2. 「ビデオクリップを保存する」を選択

「ビデオクリップを保存する」を選択した時点から、設定した録画時間分さかのぼって自動録画されます。
設定できる録画時間は 30秒/1分/3分/5分/10分/15分/30分/60分 から選択可能です。

録画時間の設定方法

PSホーム > 「設定」 > 「シェアとブロードキャスト」 > 「ビデオクリップの長さ」

「シェアファクトリー」で動画編集も可能

「シェアファクトリー」というPlayStation専用ソフトを使用すれば、簡易的な動画編集が可能です。
編集後の動画はシェアボタンから「ビデオクリップのアップロード」ができます。

ユサカタ

いずれ本格的にゲーム動画を投稿したい方も、PC購入するまでの間、シェア機能を駆使するといいでしょう。動画は積み上げるが吉です。

PS4・PS5・Switchのゲーム配信に必要なPCスペック

快適にゲーム配信や動画投稿をするにはどのくらいのPCスペックが必要なのか?

結論:中性能ゲーミングPCと同等のスペックが必要!

ゲーム自体はあくまでもコンシューマー機で行うため、ポイントはキャプチャーボードや配信ソフト、動画編集ソフトの推奨スペックを満たすかどうか?となります。

では実際にキャプチャーボードや配信ソフトなどの推奨スペックを見ていきましょう。

配信機材・ソフトウェアのWindowsの推奨スペック

Windows
の場合
キャプチャーボード
(HD60 S)
配信ソフト
(OBS Studio)
動画編集ソフト
(AdobePremierePro)
OSWindows 10(64bit)Windows 8以降Windows 10(64bit)
CPUIntel Core i5-4xxx クアッドコア
または同等
-Intel 第7世代以降
または同等の AMD
GPUIntel HD または
GeForce GTX 600シリーズ
または同等
-VRAM 4GB
推奨GPUを参照
メモリ--16GB
(4K利用では32GB)
ちなみに「CPU」の「Intel 第○世代」というのは、仮にIntel Core i5で例えると
Core i5-4xxx→第4世代、Core i5-7xxx→第7世代になります。Core i5だから第5世代ではないのでご注意くださいね。
2021年6月現在、最新は第11世代のCPUになります。

つまり、WindowsPCでPS4/PS5のゲーム配信をするなら、下記のスペックが最低限必要です。

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i◯-7xxx(第7世代)〜
  • GPU:GeForce GTX 970〜
  • メモリ:16GB〜

配信機材・ソフトウェアのMacの推奨スペック

Mac
の場合
キャプチャーボード
(HD60 S)
配信ソフト
(OBS Studio)
動画編集ソフト
(AdobePremierePro)
OSmacOS Sierra(10.12)
またはそれ以降
macOS High Sierra(10.13)
またはそれ以降
macOS Mojave(10.14)
またはそれ以降
CPUIntel Core i5-4xxx クアッドコア
または同等
-Intel 第6世代以降
GPUAMD or NVIDIA-VRAM 4GB
推奨GPUを参照
メモリ--16GB
(4K利用では32GB)
ちなみに「CPU」の「Intel 第○世代」というのは、仮にIntel Core i5で例えると
Core i5-4xxx→第4世代、Core i5-7xxx→第7世代になります。Core i5=第5世代ではないのでご注意くださいね。

仮にMacでPS4/PS5のゲーム配信をする場合、下記スペックが最低限必要ということになります。

  • OS:macOS Mojave(10.14)〜
  • CPU:Intel Core i◯-6xxx(第6世代)〜
  • GPU:GeForce GTX 970〜
  • メモリ:16GB〜

ただMacは未対応の配信関連ソフトも多く遊べるPCゲームもかなり少ないので、
Macじゃなきゃいけない理由がないなら絶対にWindowsをおすすめします!

スペック不足のPCでゲーム配信した場合

参考までに。
スペック不足のMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)でPS4をキャプチャーし、OBS配信をしてみました。
そのテスト動画がこちらです。

ご覧のように、まともに遊ぶこともできませんでした。配信どころではない状態だと思います。

ちなみに動画編集用ソフト『Adobe Premiere Pro』の推奨スペックも満たせておらず、まったく使い物になりませんでした。。

ゲーム配信におすすめのゲーミングPC

10万円台のおすすめゲーミングPC

RTX3050は人気ゲーム『モンハンライズ』や『ApexLegends』も、解像度をフルHD(1920x1080)に設定すれば平均130fps以上で遊べるスペックです。4K(3840x2160)に設定しても平均50~70fpsで遊べるスペックなので、これからPS5を買うくらいならこのスペックのPCで十分な気がします。(PS5独占タイトルは遊べませんが)

参考:コンシューマー機のスペック一覧(解像度・フレームレート)
解像度フレームレート(fps)
PS4フルHD(1920×1080)最大60fps
PS4 pro疑似4K(3840×2160)最大60fps
PS54K(3840×2160)
8K(7680×4320)
最大120fps
最大60fps
Switch(TVモード)フルHD(1920×1080)最大60fps
最大fpsはあくまでも最大値で、平均的に出ているわけではありません。

20万円台のおすすめゲーミングPC

RTX3060Tiは人気ゲーム『ApexLegends』の4K(3840x2160)の最高画質でも60fpsで遊べるスペックです。フルHD(1920×1080)設定であれば上限の300fpsに到達するので、240fps対応ゲーミングモニターを活用できます。
ぶっちゃけフルHDで遊べれば十分だと思うのでこのスペックがあればゲーム配信も動画編集も困ることはないと思います。

参考:コンシューマー機のスペック一覧(解像度・フレームレート)
解像度フレームレート(fps)
PS4フルHD(1920×1080)最大60fps
PS4 pro疑似4K(3840×2160)最大60fps
PS54K(3840×2160)
8K(7680×4320)
最大120fps
最大60fps
Switch(TVモード)フルHD(1920×1080)最大60fps
最大fpsはあくまでも最大値で、平均的に出ているわけではありません。

30万円台のおすすめゲーミングPC

RTX3080は、"重い"といわれるようなゲームでもレイトレーシングをオフにするとほとんどのゲームで4K(3840×2160)設定・平均60fps以上で遊ぶことが可能です。つまりつよつよ性能です。
レイトレーシングとは、水面や金属などへの光の反射をリアルにする技術のことです。レイトレーシングオンで遊ぶようなゲームはマルチ対戦でコンマ何秒を争うものではないので、ぶっちゃけ平均60fpsもいらないと思います!
とても魅力的なPCですが、ここまでくるとぶっちゃけオーバースペックかなと思うレベルです。ゲームのために4Kモニターを買いますか?という問題もありますので。

参考:コンシューマー機のスペック一覧(解像度・フレームレート)
解像度フレームレート(fps)
PS4フルHD(1920×1080)最大60fps
PS4 pro疑似4K(3840×2160)最大60fps
PS54K(3840×2160)
8K(7680×4320)
最大120fps
最大60fps
Switch(TVモード)フルHD(1920×1080)最大60fps
最大fpsはあくまでも最大値で、平均的に出ているわけではありません。

ユサマネが購入したゲーミングPC

ユサマネ

私もパソコン工房で通常価格15万円ほどのミドルタワーゲーミングPC iconをアップグレードして20万円ちょいで購入しています。

私はこれまでずっとパソコン工房で購入していたのでオススメさせていただいていますが、ぶっちゃけ今なら友人のVtuber・魔師成ぐすま氏から購入します。

特にパソコンに詳しくない方は、用途を伝えれば大手PCショップより断然コストを抑えてハイスペックPCを組んでもらえるので、オーバースペックや想定に満たないスペックのPC購入を回避することができます。
興味のある方はぜひ一度覗いてみてくださいね。

▷▶▷ カスタマイズPCの『魔師成ラボ』

ゲーミングPC購入にまつわる疑問集

おすすめPCを見ても迷って決められません!どうしたらいい?

だからこそ「〇〇がしたいなら、□□のスペックがあれば必要十分!」がわかる人に組んでもらいましょう。
もしくはそういう方に聞いたスペックを参考にPC購入を考えるのがいいでしょう。
ぶっちゃけ最終的には懐事情のみですからね。

▷▶▷ カスタマイズPCの『魔師成ラボ』
青森の大自然児Vtuber(笑)が用途に合わせたPCをカスタマイズし発送してくれるサービスです。

私がパソコン工房で購入するときの当初予算は15万円でしたが、色々調べたりしていくうちに「ローンを組んでもいいから、色んなことにチャレンジできるスペックのPCにしよ!」との思いで最終的に20万円超になりました。

「Oculus Rift S」をはじめとしたVRゲームや、「Live2D」や「VRM」を使用したVtuber活動、「Steam」「Origin」で最新のPCゲームなど、新しいことを始めたくなった時にPCスペックが不足しているという状況は避けたかったので。

スペック不足でCPU/GPU/メモリなどを増設しなければならないとなると、金銭的にも時間的にも余計にコストがかかりますし、何よりも面倒ですからね。

ミニタワーよりミドルタワーがいいの?

◯◯タワーとはPCの箱の大きさを表しています。箱が大きい方がPC性能を拡張したい時に「箱が小さくてパーツを入れられない!」といったことを回避できるため、将来性を考慮するとミニよりミドルがベターです。

PC本体の置き場所も考える必要があると思うので、用途に合わせて購入するといいですよ。

ちなみに大体、コンパクト(~22L)・ミニタワー(~30L)・ミドルタワー(~50L)くらいの容量になっています。

なぜパソコン工房の製品をおすすめしてるの?

私が毎回パソコン工房でPCを購入しているからです!老舗の安心感!僕はこれまでトラブルはありません。

もちろんパソコン工房でなくとも、求めているスペックのPCがあるお店ならどこで購入してもいいと思います。
いろんなPC通販サイトを覗くと楽しいですよ。

主なPC通販サイト(順不同)

主なPC通販サイト(順不同)

なぜWindowsがおすすめなの?

配信に使用するソフトウェアや各種ツールがWindowsにしか対応していない場合がかなり多いからです!

総額1000万円のゲーム配信環境を構築しているヒカキンさんも、エイリアンウェアというWindowsのフルカスタマイズPCを70万円ほどで購入しています。

ゲーム録画&動画編集用のMac Proが800万円!ゲーミングデスクやチェアーその他機材で約100万円!

ちなみに今後の需要拡大が確実視されているVRゲーム機「Oculus Rift」もWindowsのみ対応です。

Macじゃ配信・動画投稿できないの?

Macでも各必要環境の推奨スペックを満たしていれば、配信は可能です。
ただ前述したQ&Aの通りMac非対応の配信関連ソフトウェアが多いため、PCをこれから用意するということであれば、金額的にも安いWindowsを強くおすすめします。動画編集もWindowsでできるので!
どうしてもMacがいいなら…最低でもMac Book Proでしょうか。
>> MacBook Pro(Apple公式ページ)

ちなみに「GeForce NOW」を使用すればMacでも人気のPCゲームを遊ぶことができます。
気になる方は、GeForceNOWの公式ページでシステム要件などみてみるといいかも?
>> GeForce NOW Powered by SoftBank 公式

パソコンのお得な買い時はいつ?

パソコンは「買える時が買い時
世界的な半導体不足により、パソコン工房でも売切れるモデルが続出していました。
現在は解消されていますが、何事も手に入るうちに手に入れるのが吉です!

とはいえ年末年始や夏休みなどの長期休暇は割とセールを開催しています!
お得に買えるチャンスを逃さないようにしましょう。

パソコン工房のセール情報は以下のバナーをクリック!

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

PS4/PS5/Switchのゲーム配信におすすめのキャプチャーボード

PS4/PS5のゲームをPCで配信するためには、キャプチャーボードを使用する必要があります。

キャプチャーボードの接続イメージ

ユーザーも多い人気のキャプチャーボード「Elgato HD60S」がおすすめ

ちなみに私も Elgato HD60S を使用して、PS4やSwitch,iPadをキャプチャーしています。

Elgato「HD60 S」がおすすめの理由

  • ユーザーが多く情報が豊富 → トラブル時の解決が楽!
  • 1080p60fpsキャプチャに対応 → 十分な機能!

4K/HDR10のキャプチャ&パススルーには非対応!

あえてHD60Sの欠点を挙げるとすれば、4K・HDR10のキャプチャ&パススルーに非対応である点です。
HDR10の高コントラストな映像や4K高画質の映像をキャプチャーはできませんが、多くの配信者には必要ないスペックだと思います。YouTubeを4Kで見る人がどれだけいると思いますか?
4Kの視聴環境が揃っている人は少数派なのではないでしょうか。
とはいえPS5の登場で4Kテレビに買い換える方が増えることを考えると、4K対応のキャプチャーボードの選択もなくはないかもしれません。

4K対応キャプチャーボードならElgatoの「4K60 S+」か「4K60 PRO」

「今後の需要に応えられるよう、4K対応のキャプチャーボードを購入したい!」という方は、同じくElgatoから出ている「4K60 S+」「4K60 PRO」のいずれかを購入するといいでしょう。

Elgato「4K60 S+」「4K60 PRO」の主な違い

一番大きな違いはPCへの接続方式の違いです。
「4K60 S+」はUSB接続、「4K60 PRO」はPCIe接続(グラフィックボードのようにマザーボードに直接接続する方法)です。
* PCIe = 「Peripheral Component Interconnect-Express」の略で、高速データ通信を行う目的できめられた規格
PCIeの方が基本的には性能がいいため、4K60PROは1440P60キャプチャに対応しています。

詳しくはElgato公式ホームページでチェックしてみてください。
>> Elgato 公式ホームページ

Elgato製品以外の選択肢はないの?

Elgatoは多くの配信者が使用しておりベターなのでおすすめしていますが、Elgato以外にもたくさんあります。自分が求めるスペックを満たすかどうか、またその製品が正常に機能するのかを踏まえて探してみてください。

PS4・PS5・Switchのゲーム配信におすすめのオーディオ製品情報

すでにヘッドセットをお持ちの方は買い直し不要ですが、ゲーム配信を機にオーディオ関連製品を新調したいという方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめのヘッドセット

PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット

おすすめ理由としては、PS5のみでなく実はPS4/Windows/Macでも利用可能だからです。
Tempest 3Dオーディオ技術」はPS4/Win/Macでは機能しませんが、普通に優秀なワイヤレスヘッドセットなのではないかと!

おすすめのマイク

Blue Yeti(USBマイク)

私も愛用しているUSBマイク。論破王でおなじみのひろゆき氏もBlue Yetiのブラックを使用しています。
「ゲーム配信するならコンデンサーマイク+オーディオインターフェースの用意を!」と主張する方も多くいますが、私は「オーディオインターフェースいらなくね?USBマイクで十分じゃね?」と思っている派です。
詳しくは下記リンクをご覧いただければと。

おすすめのイヤホン・ヘッドフォン

Apple EarPods 3.5mm ヘッドフォンプラグ

音にこだわりまくりな方以外はまじでこれで十分というか…最高だと思います。価格も約3,000円と手ごろで、何より全国のセブンイレブンでも購入することが可能です!


iPhone5~iPhoneXまでの機種を使ったことのある方は付属品として利用していて、音の良さも理解されているのではないでしょうか。私もいまだにApexなどのPCゲームで遊ぶときはこのApple純正イヤホンを使用していますが、足音や銃声の方向も全く問題なく聞き取れます

キャプチャーボードの接続方法

キャプチャーボードは、ゲーム機とPCの間に接続します。

パススルー機能(*)を利用する場合は、キャプチャーボードから直接モニターへ出力します。
上記の図のように接続すれば問題ありません。
*パススルー機能とは、ゲーム画面を遅延なくモニターに出力することです

PC本体にHDMI端子がないんだけど大丈夫?

PC本体とキャプチャーボードの接続にはUSB端子を使用するため、PC本体にHDMI端子がなくても問題ありません。HDMI接続は「ゲーム機 → キャプチャーボード」「キャプチャーボード → モニター」の2箇所なので、HDMIケーブルが2本あれば大丈夫です。

PCにUSB-C端子しかないんだけど?

その場合は、USB端子をUSB-Cオス端子に変換するアダプタがあれば接続可能です。
私もMacBookAirではそのようにして「Elgato HD60 S」を接続しました。

こういうやつです。

ゲーム配信で使用するソフト


ゲーム機+キャプチャーボード+PCの接続が完了すれば、あとは配信ソフトを使用すればゲーム配信が可能です。
配信ソフトを使用して、YouTubeやTwitchなどのプラットフォームにゲーム画面を配信することができます。

「OBS Studio」多くの配信者が愛用している配信ソフト

OBSは利用者が多いため、ネット上に情報が豊富でトラブル時の対応も安心です。

>> OBS Studio公式ダウンロードページ

OBS以外の選択肢はないの?

XSplit Broadcasterも有名です。
他には、OBSをもとに開発されたStreamlabs OBSもSteam配信でよく見かけます。

OBS / XSplit が配信ソフトの定番なので、まずはこのふたつから試してみるといいですよ。

配信ソフトのトラブルQ&Aはない?

今後記事を作成予定ですが、大半のトラブルについてはGoogle検索で回答を得られると思います。がんばってください!(なげやり

ゲーム配信サービスまとめ


YouTubeLiveのように、ゲーム配信ができるサービス・プラットフォームをまとめました。

主な配信プラットフォーム

  • YouTube
  • Twitch
  • Twitter
  • ニコ生
  • Milldom(ミルダム)
  • Mirrative(ミラティブ)

Vtuberとしてゲーム配信する方法

有名Vtuberの多くはFaceRigというPCソフトを使用して、Live2Dモデルを動かしています。

>> FaceRigについてはこちら

Adobe Character Animatorを使用すれば、PhotoShopやIllustraitorのデータでキャラクターを動かすことができます。

>> Adobe Character Animatorについてはこちら

Vtuberモデルはどのように用意すればいい?

スキルがある方は、自身で2D/3Dモデルを作成すればコストをかけずに作成できます。
スキルがない方は、『ココナラ』などのスキルマーケットでプロに依頼するか、Live2Dマーケット『nizima』を利用するといいでしょう。

Vtuber配信のために必要なPCスペックは?

おすすめPCの項目でも少し言及しましたが、Vtuberとして2D/3Dモデルを動かしながら配信する予定の方は、最低でもメモリ16GB以上が必要です。特に3Dモデルを動かすならメモリ32GB以上は欲しいところ。

メモリが不足していると、自分とモデルの動きに大きなラグがあったり、配信(キャプチャ)にラグが生じたりと支障が出てしまいます。

動画編集に必要なソフト


「あまりコストをかけたくないな」という方は、まずは無料ソフトで編集を試すといいでしょう。
「本格的に動画編集を行なっていきたい!」という方は、有料ソフトの購入をおすすめします。

無料:おすすめの動画編集ソフト

(現在リスト作成中。近日追加予定)

有料:おすすめの動画編集ソフト

Adobe Premiere Proがおすすめ!

Adobe製品を安く買う方法

amazonのセールを狙いましょう!
私もセール中にACCを購入しましたが、ほぼ半額でした。

>> Amazonで「Adobe Creative Cloud」を見てみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次